院長紹介

院長 三瓶 孝男
診療科目:犬猫の診察(内科、外科全般)

院長として診療業務に従事するかたわら、
犬や猫の保護・譲渡活動にも力を入れている。
ただし本来の業務で体力が尽きているときは無理はしない程度に。

苦手なことは片付け。
(先日、苦手克服のため「片付け師」より直々に極意の伝授を受けました!が…)


「地元、名寄で動物病院を開設してからもうすぐ10年になります。
その間、たくさんの方々に支えていただいたことを、あらためてお礼申し上げます。
これからもスタッフ一同、誠心誠意頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。
子どもの頃から動物が好きで、獣医師になるのが夢でした。
ツラいことや大変なことがたくさんありますが、
それ以上に嬉しいこと、楽しいことが一杯で非常にやりがいのある職業だと思っています。
これからも、飼い主さんとペットたちの幸せのため、精一杯やっていきますのでよろしくお願いいたします。」


愛猫はバロン、みつば。
バロンは保健所より、みつばは多頭飼育現場より引取った。
好物はうまい棒とチョコレート。
 

院長略歴

・北海道名寄高等学校卒業
・酪農学園大学獣医学部卒業
(所属研究室:獣医臨床繁殖学教室)
・上川北部農業共済組合(現上川北NOSAI)家畜診療所・千葉県海浜動物医療センター・富良野アニマルクリニックにて勤務した後、2002年12月さんぺい動物病院を開院

院長所属学会

北海道獣医師会、日本小動物獣医師会、北海道小動物獣医師会
日本レーザー獣医学研究会、日本ペット中医学研究会